2011年01月30日

★WEBカメラ

 巣箱の塗装が乾いた後、WEBカメラを取り付けました。カメラはPLANEX製のCS-W05Nという機種。アマゾンで1万円以下で買える安価な機種で、画質はあまり良くありませんが、無線LAN対応で消費電力が2.8Wと小さいほか、固定IPがなくてもプロバイダ経由でWEB上に映像を無料で配信できるダイナミックDNSという機能も備わっており、そこそこ充実していたのでこれにしました。http://www.planex.co.jp/product/camera/cs-w05n/ 最近は暗くなると自動的に赤外線カメラに切り替わる優れものも出ているようですが、高価なので断念。
 巣箱に取り付けると下の写真のようになります。
20110129-145004s.jpg

20110129-144944s.jpg

 しかし、撮影画角が水平:44°、垂直:34°と狭いため、携帯カメラ用の広角レンズアダプターを取り付けたところ、垂直56°まで写るようになり、巣箱の穴ぎりぎりから底面いっぱいが写るようになったのでこれで良しとしました。日中は下の写真のように写ります(画質悪〜い)。
 ライブカメラは右上の「★巣箱ライブカメラ★」から見られます。
Snapshot_2011_1_30_11_23_42.jpg

 フクロウの巣箱カメラは「我孫子鳥の博物館」のものが有名です。http://field.bird-mus.abiko.chiba.jp/strix/
 この巣箱カメラは鮮明で夜間も赤外線カメラでライブ配信しているのでフクロウの動きが良くわかります。でもフクロウには十分配慮しているようで、抱卵直前にフクロウがカメラの電源ライトを気にしているようだからと、夜間カメラの電源を切ったりしています。この気遣いが繁殖成功の秘訣なのでしょうね。ちなみに2010年はに2羽が巣立っています。
 日光のこの巣箱は赤外線カメラではありませんので、自然光が巣箱の穴から入ってくる日中のみの映像になります。いずれお金がたまったら赤外線カメラにシフトできればいいと思います。

 我孫子の映像のログを見ると、2月下旬から3月中旬まで親が巣を偵察している様子がうかがえます。そして3月18日からは巣の中に親が入り、産卵したようです。日光は寒いのでもし来てくれるとしてもまだまだ先かもしれません。
posted by こけこっこ at 15:12| Comment(2) | webカメラ
この記事へのコメント
楽しみが一つ増えましたね。よそでも成功しているのできっと雛が巣立つと思います。
Posted by 岡村 勲 at 2011年02月13日 18:15
ご覧いただきありがとうございます。我孫子のように完璧なモニターはできませんが、巣箱を利用してくれるだけでもうれしいです。
今朝、近くで久しぶりにフクロウの声を聞きました。そろそろ偵察にくる頃かな(^_^)
Posted by こけこっこ at 2011年02月13日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: